4.3J(4.31J)のハック

ここで解説するのはMOD取り付けなどのハードの改造の必要のない
ソフト改造です。白、黒、赤Wiiどれでもハックできます。
Wiiがネットに接続できなくてもできます。
ネットに接続できる場合はまずWi-Fiの設定をすませておいてください。
初期の白・黒Wii以外ではDVD(バックアップディスク)の起動はできません。
USB機器(HDDなど)からのゲームの読み込みはどのWiiでもできます。

SDHCカード(4GB以上)はLetterBombを使わないと使えません。
SDHC非対応のアプリも多いのでSDHCを使うのはおすすめしません。
容量は1GB~2GBがおすすめです。
SDはFATでフォーマットしてください。
fat.jpg

こちらはまったくゲームを使わずWii伝言板で手紙を選ぶだけの方法です。
まずはハック用データをダウンロード(ミラー)してください。
解凍したファイルをSDにコピーしてください。
(例: SD:\apps\(アプリ名)\boot.dol、SD:\wad\cIOS202[57]-v5.wad)
LetterBombのファイルをそろえてください。

そろえたら「private」フォルダをSDのルートにコピーしてください。
Wii伝言板の前の日を開くと手紙が表示されているのでそれを選んでください。
※環境によっては日にちが次の日や一週間前などにずれることがあります。
SDのルートにあるboot.elf、つまり「HackMii Installer」が起動します。
起動しなければデータのコピーからやり直してください。
※スマブラXではハック用データ以外にステージが無いことを確認してください。

注意書きが表示されて30秒~1分後に下にメッセージが表示されるので1ボタンを
押して進んでHomebrew Channel(以下HBC)をインストールしてください。
DSC_0001hbc.jpg
メッセージはすぐには表示されないので慌てて電源を切ったりしないでください。
Continue→Install The Homebrew Channel→Yes,continue→Continueです。
DSC_0006hbc.jpg DSC_0009hbc.jpg
DSC_0011hbc.jpg
これでHBCがインストールできました。
HBC.png

その後WiiのシステムをバックアップできるようにBootMiiをインストールします。
もし何かのエラーでWiiが起動しない(=ブリック)状態になってもWiiのNANDを
バックアップしてあればこれでリストアすることで直せます。
ブリック時に無いと後悔することになるので絶対にインストールしてください。

「BootMii…」を選択し、「Install BootMii as boot2」を選択してください。
DSC_0010hbc.jpg
最近のWiiではboot2にインストールすることができないので、
~boot2が無い場合は~IOSを選択してください。
IOS版ではブリック対策としてはあまり有効ではないですが無いよりましです。

Yes,Continue→Yes,ContinueでSUCCESSと表示されれば成功です。
Continue→Return to the main menu→Exitで終了してください。

NANDのバックアップについては別の記事で紹介しています。
まず始めにバックアップしてその後は定期的にバックアップしておいてください。
いくつか違うときにバックアップしたnand.binを残しておくとより安心できます。
ステップ2:cIOSのインストール

通常では行えないこと(USB機器からのゲーム起動など)をするためにはWiiのシステム(=IOS)を改変する必要が有ります。改変したIOSのことをCustom IOS、略してcIOSといいます。

ほとんどのアプリでcIOSが必要になるので必ずステップ2もしてください!

-方法1———————————————————————–
Wii Modを使ってcIOS249などのインストールをする方法です。
IOS36のパッチが必要ない新しい方法です。

まず、HBCで「Wii Mod」を「Load」してください。
ここで何も表示されない(泡が浮かんでいるだけ)の画面になっている場合
SD:\apps\wiimod\boot.dolという配置になっているか確認してください。

起動後、右上に「AHBPROT 有効」と表示されていることを確認してください。
表示されていなければHBCのインストールをやり直してください。

次に「WADマネージャー」をAボタンで選択します。
DSC_0014mod.jpg

「読み込むデバイスを選択:」で<SDカード>をAボタンで選択します。
DSC_0015mod.jpg

「cIOS202[57]-v5.wad」などが表示されたら1ボタンを押して+マークを付けて
cIOS202[57]-v5.wad(.wadならどれでもいいです)をAボタンで選んでください。
※一つずつ選んでインストールしてもいいです。
※実際には画像とは数字が違います。
DSC_0016mod.jpg
この画面でAボタンを押すとインストールが始まり、しばらくすると画面に
メッセージがでるのでそのメッセージの指示に従ってください。
これで
cIOS202 [57] v5
cIOS222 [38] v5
cIOS223 [37-38] v4
cIOS224 [57] v5
cIOS249 [56] d2x v6
cIOS250 [57] d2x v6
がインストールされました。
[ ]内の数字はベースIOSです。
例えばベースIOSが56だとほとんどのゲームが起動できて、
ベースIOSが57だと周辺機器を使うゲームを起動出来ます。
必要に応じて使い分けが必要です。

IOS249はゲームの起動やWADのインストールなどいろいろなことに使います。
IOS250は周辺機器を使うゲームを起動したいときに使います。
IOS202・222・223・224はあまり使うときがないですが、
IOS249やIOS250でゲームが起動出来ないときに使ってみてください。
USB Loader GXでは222を使用するcIOSに選ぶとHDDの認識率が上がります。
——————————————————————————
上の方法を何回かやり直してもエラーが出て駄目なら以下の方法2でしてください。
-方法2———————————————————————–
IOS36にパッチをした後IOS236としてインストールし、
cIOSをインストールできるようにする古い方法です。

まず下記の方法でIOS236をインストールしてください。
HBCを起動し、「Simple IOS Patcher」(SIP)を「Load」してください。
「パッチするIOSを選択」でIOS36を選択してください。
2011-0717-164339904.jpg
次の画面で「IOSをインストールするスロット」を「236」に変更してから
「IOS36をパッチしてインストール」をAで選択してください。
DSC_0010.jpg
次の画面の< SDから読み込む>はオフライン、<ダウンロード>はオンラインで
使う方法です。SDを選んだ場合は「IOS36-64-v3351.wad」が必要です。
2011-0717-164421884.jpg
「Aボタンでインストールします…」と表示されたら指示通りAを押してください。
2011-0717-164442277.jpg
2011-0717-164455834.jpg
インストールが終わったらBボタンでHBCへ戻ります。

IOS236のインストールが終わったらHBCで
「2. YAWM Multimod Batch」を起動してください。
成功したら0 failedと表示され数秒後にHBCに戻ります。

これでcIOS202[57]v5、222[38]v5、223[37]v5、
249[56]d2x v6 rev65535、250[57]d2x v6 rev65535
がインストールされました。([]内の数字はベースIOSです)
IOS250は周辺機器を使うゲームを起動したいときに使います。

これでもできない場合はWii Modを使って手動でしてください。
起動して「WADマネージャー」をAボタンで選択→「読み込むデバイスを選択:」
で<SDカード>をAボタンで選択します。1ボタンを押して+マークを付けて
Aボタンを押すとインストールできます。

※No stub IOS foundと表示されても無視してそのまま進んでください。
任天堂に対策されたIOSが無いということなので大丈夫です。
————————————————————–————-

お疲れ様でした。
HBCがIOS58で起動していない場合はHBCを再インストールしてください。
どのIOSで起動しているかはHOMEボタンを押すと上に表示されます。
4.3Jに更新するとIOS58もインストールされます。
IOS58以外だとUSB2.0に対応出来ずUSB機器関連の問題が起きることがあります。

 
Wiiメニューに追加出来るWiiFlowなどのチャンネルはこちらにあります。
こちらもよく更新されるので記事の編集ができていないことがよくあります。
ローダーの場合はカテゴリから記事の一覧を出して更新がないか確認してください。
mark_warning16.png チャンネルはショートカットのようなものなのでアプリ本体が
SDに保存されていないとWiiメニューに戻されます。
必ずSD:\apps\にboot.dolの入ったフォルダをコピーしてください。


Powered by 3z0.com